おじさん探検隊!

番外編 《大阪ショップ巡りレポート》

2007年12月16日(土)AM11:00〜


<著者:ICHIさん>

【場所】
 1.大阪圏内のショップ
 2.道頓堀「ざうお」
 3.yhideさんのお宅へ
 4.「アフリカ」へ

【参加者】
 ・ひらかたさん
 ・yhideさん
 ・ICHI

【詳細報告】
 前回、「鳥人間コンテスト・ズブズブ」のメンバーで今度は大阪圏内のショップを巡りました。
 いつもの「ズブズブ・レポート」とは趣向が違いますが、それなりに期待一杯です。
 JR「高槻駅」で待ち合わせ、yhideさんの運転で出発です。

 以下、各ショップの特徴・感想になります(by yhideさん)。

□茨木観魚園  http://www.kangyoen.com/

 熱帯魚問屋かとおもうほどの規模で水槽がならんでおります。
 コンビニ2店舗くらいの部屋の広さにコンビニの陳列棚のように水槽がところ狭しと。
 魚は状態がいまいちのものもいますが、一般種から珍まで大型魚から小型美魚、日淡までありとあらゆるものを扱っている店舗です。
 水草の種類は、そう多くはありませんが、車2台分の駐車場の淵で水上葉で維持されており扱っている品種ならば格安でした。

□ナチュラ
 http://natura.boy.jp/

 ワイルドクリプト、ワイルドベタに関しては日本有数のショップだとおもいます。
 180cmガラス水槽にベタ ブロウノルムがウヨウヨは圧巻でした。
 その対面にも180水槽があり、そこにもワイルドベタと水上葉化した巨大エキノがありこれもまたすごいなと。
 レアの水草もおおく、値段も良心的なものでした。
 また、ワイルドのアピストも非常に状態が良くキープされており自家繁殖なのかF1も販売しており良心的な値段で扱っておりました。

□グッディ
 http://www.guddy-jp.com/

 ご夫婦でショップをやらてれおり、本当の趣味に延長とはこのようなショップのことをいうのだとおもいます。
 小型美魚、水草を主に扱っているようで値段は格安です。
 ただ、レアものの入荷情報が流れると常連客がついており、アッというまに、完売になるそうです。

□アクアテイラーズ
 http://www.aquatailors.co.jp/aquatailors/at2007/top.html

 ビーをやられている方には、有名ショップですね。
 実際に1匹*万円で売られている赤ビー、黒ビーをはじめてみました。
 ビーの世界では、ブランドとなっております。
 MMF、ムネチカフィッシュファーム、アクアファクトリーザブンコなどの高グレードのビーがずらりと並んでおりました。
 また、ここをやられている方は、シュリンプ栽培センターにゆかりのある方でシュリンプ栽培センターの血統を維持されております。
 つまり本物のCRSを扱っているということですね。
 エビ以外にも、小型美魚、海水魚、水草もあつかっておりました。
 とくに、小型美魚は力をいれていらっしゃるようで、非常に状態のいいものでした。
 また、今年の春には移転をして、さらに店が大きくなるそうです。
 現状でも、アクアショップでは広いほうだとおもいますのに。
 器具はADAの製品の値段がさがっているようで安く販売しておりました。
 以前はこんな値段ではなかったんですよ。

□ウォーターパラダイス
 http://homepage1.nifty.com/waterparadise/

 小型美魚、シクリッドの専門店ですね、水草はお客さんに頼まれたときに扱うだけだそうです。
 とりあえず格安!!、これに尽きます。
 入荷から出て行くまでの回転がはやいようで、状態はいまいちなものもいましたが、お客さんにはそのことを言ってそれでもいう方にはどうぞだそうです。(笑)

□アフリカ
 http://africa-osaka.jp/toppage/newpage1.html

 埼玉にあるイースト アフリカ、大阪八尾市にあるエキゾチック アフリカのチェーン店です。
 名前のとおり、アフリカ系のハイギョなどを得意としているようです。
 生体はよくわかりません。エンドリケリーやアフリカンシクリッドなどは自分の知識不足で判断できません。
 ただし、器具は格安でした。表に置いてあるガラス水槽、アクリル水槽、長さ60cmはあろうかという巨大流木どれも安いです。
 また、消耗品(ソイルなど)も通販の価格と張り合うかというくらい格安でした。

□夕食(by ICHI)

 yhideさんのセッティングで道頓堀の「ざうお」へ。
 ここは店に大きな生簀がありタイ、アジなどが泳いでいます。
 お客さんは、それを釣り上げて店で調理してもらう訳ですが普通に注文も可能。
 勿論、我々は釣りにチャレンジしました。
 相談の結果「タイを1匹、アジを各自1匹釣ろう」という事になりましたがエサがエビのせいかアジはなかなか食ってくれません。
 結局、各自がタイを1匹づつ釣り上げてしまい「活き作り」「煮付け」と「塩焼き」でタイ尽くしの料理を楽しむ事に・・・・新鮮な分、味は申し分ありませんでした。

  


□yhideさん邸訪問

 夕食後にyhideさんの所へお邪魔しました。
 部屋に入ると迫力ある120Cm水槽が出迎えてくれましたが・・・しばし見とれてしまいました。
 とりあえず画像をご覧下さい。

  


 水草を頂戴して(笑)最後の目的地、アフリカへ。
 「ショップ記事」にも書かれていますが巨大流木(格安!)が印象的でしたが我が家の水槽には、とても無理ですね。

 アフリカから新大阪駅まで送っていただき解散しました。
 とても有意義な1日でした。
 どうも、お疲れ様でした。


seabass3