広告バナー募集!

生体編

このコーナーでは、私が飼育している、または、飼育していた魚やエビ、貝等を紹介します。

カラシンの仲間
一般種(32種)
珍カラ(65種)12/22 1種追加
この種類は、ほとんどが尾ヒレの近くに脂ヒレを持っています。また小型種でも歯が生えています。 あのピラニアもカラシンの仲間です。カラシンの中でも小型のものをテトラと呼んでいます。 どこのショップに行っても必ず何種類かおいているポピュラーな種類です。

鯉・ドジョウの仲間 (8種)
この種類は、丈夫な種類が多く、初心者にもお勧めできる魚です。 特にラスボラ類は水草水槽によく似合います。ボララスの仲間は、小型のため、混泳の種類を選ぶことと、 餌の大きさに注意が必要です。

ナマズの仲間 (15種)
この種類は、世界中に分布し、淡水魚の最大グループを形成しています。 現在2000種以上いると言われています。今後も新種が見つかると思われます。 この種類の特徴は、猫のようなヒゲとウロコらしいウロコがないことです。そのヒゲから英名は、キャット・フィッシュと言います。

メダカの仲間 (3種)
この種類は、ビギナーからベテランまで満足させることができる種類と言われています。 大きく2つのグループに分かれ、普通に卵を産む卵生のメダカと卵をお腹の中で孵化させてある程度の大きさまで 育ててから稚魚で産む卵胎生のメダカです。飼育も繁殖も容易で初心者にもお勧めです。

シクリッドの仲間 (1種)
この種類は、ディスカス、エンゼル、アピストグラマ、に代表され、特徴は、全種が卵と稚魚を長期間にわたって世話をすることです。アフリカ産のシクリッドの仲間にはマウスブルーダーも多く、微笑ましい光景を見ることができるようです。これらの行動は飼育下でも行われ、飼育者に感動を与えてくれます。

その他の魚 (2種)
何の仲間かわからない魚です。(~_~;)

エビの仲間 (15種)
この種類は、よくコケ取り用に飼育されていますが、仕草のかわいらしさで専門に飼育している方も 多数おります。淡水のエビは専門書も少なく、種類の同定が難しいです。

貝の仲間 (5種)
この種類は、よくコケ取り用に飼育されています。嫌われ者のスネールも貝の仲間です。


seabass3